top of page
ブロードウェイ10月プロ志望.jpg

​ブロードウェイの舞台に
挑戦しよう!

22518801-03-min.png


渡米してオーディションを受ける。
​ここまでの道のりを並走します。

講師紹介

Tricia Tanguy

オハイオ州クリーブランドの郊外で育ち、ペンシルバニア州ピッツバーグのカーネギーメロン大学のプレカレッジプログラムで夏を過ごした後、イギリスのロンドンで海外学期を含むイサカカレッジのミュージカルシアターで正式にBFAを取得。
数々のオン、オフ共ににブロードウェイに出演。

経歴・実績

マーベラスワンダレット(2009年の元のオフブロードウェイカンパニーと2017年のリバイバルの両方)。彼女はまた、オリジナルのオフブロードウェイプロダクションのダンスキャプテンを務める。
彼女は、最初の全国ツアーを含む、米国中の全国ツアーで1,600 +パフォーマンスを行う。
シスターアクト(アンサンブル;メアリーロバート、メアリーパトリック、トゥールのマーティン、メアリーテレサのU / S)
ジョセフとアメージングテクニカラードリームコート(アメリカンアイドルのダイアナデガルモへのアンダースタディ)
プロデューサー(私に触れてください)
そしてキャッツ(最近のリバイバルファーストナショナルツアー、ブースシンガーとして、グリザベラとジェリーロラムのアンダースタディとして、そして2007年から2008年のツアーでグリザベラとして)。

地域的には、コロラド州アスペンのシアターアスペンとニューヨーク州オーバーンのメリーゴーランドプレイハウス/レヴシアターカンパニーで働いてきました(パフォーマーとディレクターの両方として)。
ソリスト/ボーカリストとして、日本オーケストラ「ディズニー・オン・クラシック」で日本と台湾をツアーし、ロチェスター・フィルハーモニックやクリーブランド・ポップス・オーケストラとのコンサートでは注目のソリストを務めている。彼女はMLBのクリーブランドガーディアンズ(元インディアンス)で国歌を165回歌い、ホーランドアメリカラインのザイダーダムのメインステージ女性ボーカリストでした。全米43州中50都市(ワシントンDCのケネディ・センター)の15都市、カナダ8州30都市、日本<>都市で公演。

小野 功司

早稲田大学卒業後、ディズニーランドダンサーとして活動を始め2008年劇団四季入団。11年の俳優生活後、国外へ。

演劇を学びに出、現在ブロードウェイ俳優として出演する傍ら、作品のプロデュースや子供たちへの育成にも尽力している。

経歴・実績

20歳のときにブロードウェイミュージカル『CHICAGO』を観て衝撃を受け、ミュージカル俳優を志す。東京ディズニーランドのダンサーとして1年間経験を積んだあと、2008年に劇団四季に入団。『ライオン・キング』『コーラスライン』『ウエストサイドストーリー』など人気ミュージカルに多数出演。
 

  • 『人間になりたがった猫』アンサンブル

  • 『ジーザス・クライスト・スーパースター』兵士

  • 『ウエストサイドストーリー』ニブルス

  • 『ミュージカル南十字星』アンサンブル

  • 『アイーダ』アンサンブル

  • 『エビータ』アンサンブル

  • 『夢から醒めた夢』アンサンブル

  • 『ガンバの大冒険』ツブリ・忠太の父

  • 『異国の丘』杉浦

  • コーラスライン』ダン

  • 『桃次郎の冒険』犬

  • 『ジョン万次郎の夢』外様大名

  • 『クレイジーフォーユー』ワイアット

  • 『ガンバの大冒険』ヨイショ

  • ライオンキング』アンサンブル

​本クラスの目標

「アメリカの舞台にたてるパフォーマーになる。」
「渡米し、オーディションに挑戦する。」



すでに英語に関しては「聴く」「話す」ともに十分な能力を持った皆さんへ、よりパフォーマーとしての深みを目指す時間をご提供します。

英語を話すことに慣れるレベルではなく、このクラスで目指していくのは海外のパフォーマーとして通用する力です。


演劇科の博士号を持つTricia先生ボーカルパフォーマンスの音楽学士号を持つJohna先生を講師に迎え、国内より海外挑戦を出すべく開講します。